びぶりお・まにあの詩


by inugami_kyousuke

トランスフォーマー

【15点】

スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮、マイケル・ベイ監督、シャイア・ラブーフ主演作品。

ガチャガチャ変身ロボのお話だよ~。
昔むかし…
宇宙のかなたに、ガチャガチャ変身ロボの星がありましたー。
ある時、変身ロボたちは、仲間割れをして、2つのチームに分かれてしまったんだよ。
それ以来、ずーーーっとケンカをしているよ?
コイツらは、地球に来ても、ずーーーっとケンカばっかり!
わるいこロボ軍団は、軍隊の戦車や戦闘機にへんし~ん!!
よいこロボ軍団は、自動車やトラックにへんし~ん!!
街をブッ壊しながら、ガチャガチャ、ガチャガチャ、大ゲンカ!!
そこへ、人間がとーじょ~!!
よいこロボに味方して、みんなで、わるいこロボをやっつけろー!!
めでたしめでたし。

以上。
(パート1の売り上げが良かったから、パート2につづくよ?また見てね!)

………………と、まぁ……………
この映画は、俺には、そんな風に見えた。
たしかにトランスフォーム・シーンはスゲ~と思うけど、
基本的に、ストーリーはお子ちゃま向けの域を一歩も出てね~。
『ハービー/機械じかけのキューピッド』の方が、はるかに面白かった。
コレが『ターミネーター2』並みにシリアスなタッチだったら、もっと楽しめたと思うんだがなぁ~。
ホントにザンネンだ。
「マヌケ面のシャイア・ラブーフが、映画の中ではカッコ良く見えて来る」と聞いていたので、楽しみにしていたが…
最後まで見ても、マヌケ面はマヌケ面のままだった。
この作品には、軍用車輌、軍用機がバカスカ出て来るが…
マイケル・ベイ監督は、すでに『パール・ハーバー』撮影時に軍との間に強い信頼関係が出来ており、今回の撮影時には、下見に行って、「コレとコレ、使っていい?あと…コレとコレ、壊していい?」みたいな選び方をしてたらしい。
ちなみに、この作品…俺は日本のアニメが原作だと思っていたんだが、
実は、日本のオモチャを輸出する際、アメリカ向けにロボットに改変され、さらにソレが日本に逆輸入して、それぞれの国で、コミックやアニメへと派生して行ったモノらしい。
従って、様々な媒体で、個別のストーリー体系が存在している。
それらは、パラレルワールドとして位置づけられているのだ。
つまり、続ける気なら、いくらでもネタはある、とゆーコトだ。
d0012442_1759577.jpg
d0012442_1758537.jpg
d0012442_17583974.jpg
d0012442_17582695.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-01-01 22:48 | 地獄行き(それ以下)