びぶりお・まにあの詩


by inugami_kyousuke

のだめカンタービレ in ヨーロッパ 第1夜

ブラボーッ!
素晴らしかった!!

第1夜は、千秋(玉木宏)編だった。
ビミョ~にみんな、髪型が違うよーな気がするけど。
あと、エリーゼ(吉瀬美智子)は、めちゃめちゃキャラが違ってたよーな…?
スペシャルなのに、本編と何ら遜色ない出来…
てか、海外ロケも入って、むしろグレードアップしてるかも!?
スペシャルじゃなく、パート2でも良かったんじゃねーか?とさえ思う。
タイトルバックやエンディングも、可愛い松の内バージョンになってたし!

新キャラのフランク(ウエンツ瑛士)とターニャ(ベッキー)がウザいんじゃねーか?とスゲー心配してたんだけど、どーやら杞憂だったよーだ。
2人とも、カンペキ!
実に見事に、導入部のエスコート役を演じてくれていた。

「負」のオーラ出しまくりの千秋は、『ハウルの動く城』みてーだったなぁ~。
千秋の指揮は、素晴らしかった!
豊穣で、光輝くよーなジャンの音楽に対して、
千秋の音楽は、深く、重厚で、哲学的で…
鮮烈な光と漆黒の闇の対比が、息をのむよーな精緻さで紡ぎあげられてゆく。
そして、千秋の、刺すよーな眼差し!
まるで、メフィストフェレスのよーだ!
黒い羽が!…って、カラスかよ!?
魂の、最後のひとしずくまで、しぼり出すよーな、完全燃焼の演奏だった。
欲を言えば、ジャン(ジリ・ヴァンソン)や片平(石井正則)のファイナルの演奏も聴いてみたかったな~。
にしても、千秋って、ホントにサディスティックなヤツだな~。
視聴率は、18.9%だったらしい。
ところで…「砂漠のプロメテウス作戦」って何だ~!?
ナメクジに塩をふるよーなコトを言わないで下さいよぉぉぉ!
[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-01-12 15:41 | テレビ