びぶりお・まにあの詩


by inugami_kyousuke

薔薇のない花屋

香取慎吾、竹内結子主演作品。
初回、2回を見た。
「人のいい花屋」に、盲人のふりをした女が近づいて来て…とゆー話。
この話は、おそらく、枝葉末節をはぶいてしまうと…「香取慎吾と竹内結子のラブストーリー」でしかないのだろう。
初回から、医師(三浦友和)が黒幕として登場し、
娘の雫(八木優希)は、覆面で登校する、など、非常に仕掛けの多いドラマだ。
まるで、韓国ドラマのよーだ。
初回を見た印象では、ちょっとヒネったラブストーリーかと思ったんだが、どーも、そんなに単純な話ではないよーだ。
8年前に死んだ妻(本仮屋ユイカ)のビデオが大量に残っていて…
毎回、小出しに説明役として登場するよーだ。
この男(香取慎吾)…
今でこそ、「いい人」のふりをしているが、昔は極悪人だったんじゃねーか?
例えば、本仮屋ユイカを強姦した、とか…?
彼の知らぬ間に、彼女は雫を産み、死んでしまった。
膨大なビデオレターだけを残して。
彼はビデオを見て、雫を引き取り、育てる決心をする。
全ては、自分が過去に犯した罪を、少しでもつぐなうために。
つまり…
彼は「人のいい花屋」なんかではない。
本来の彼は、今も悪人のままなのだ。
「本当の善人でなくても、善い人になることは出来る。たとえ、本心からの行いでなくとも、善行は善行だ。そして、善いことをすると、気持ちがいいものだ」
という彼女のメッセージ通り、ひたすら彼は善いと思ったコトを行なってゆく。
一方、彼女の父親は、彼に「娘を殺された」と思っており、復讐を計画している。
美桜(竹内結子)も直哉(松田翔太)も、復讐のためのコマに過ぎない。
あるいは、マスター(寺島進)や菱田さん(池内淳子)すら、グルかも知れねぇ~。
ひょっとして…
この作品は、オスカー・ワイルドの『幸福な王子』なのではないか?
だとしたら、凄い作品だ。
もしもそうだとしたら、院長は、あらゆる方法で、英治の肉体を奪ってゆくハズだ。
角膜や腎臓を。
そして、最後に、恋人=美桜を奪い、雫を奪う計画なのだろう。
今はまだ、与えている段階だ。
最後に、何もかも、奪い尽くすために。
英治の身も心も、ボロボロにするために。
…と、俺の中では、すでにこの物語は完結しちまったな~。
いい意味で、この予想を裏切ってくれると、面白いんだが…。
単なる「香取慎吾と竹内結子のラブストーリー」になっちまったら、サイテーだ。
が、もしも『幸福な王子』をやるとしたら、最後は、かなり悲惨な話になるだろう。
主題歌は、山下達郎「ずっと一緒さ」だ。
[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-01-27 10:46 | テレビ