びぶりお・まにあの詩


by inugami_kyousuke

フィフス・エレメント

【0点】

●『レオン』が良かったので、物凄く期待していた分、失望…ってか、絶望。
「構想××年」なんて宣伝の仕方をしていたが、実際は「コドモの頃、夢想していた話」という程度のシロモノでしかなかったらしい。まるで、出来損ないの『コブラ』(寺沢武一のコミックの方)のような話で、やたら長いクセに、見どころはミラ・ジョヴォヴィッチが出ている、というコトくらいの、ショボ~い作品だった。
コレは、悪い意味で「マンガ」だ。
つまらねーフランス映画を見るたびに「ひょっとして、フランスでは、コレが面白いってコトになってんのか!?」という不安が頭をもたげてしまうのである…
d0012442_23302614.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2005-06-15 23:28 | 地獄行き(それ以下)