びぶりお・まにあの詩


by inugami_kyousuke

タグ:深田恭子 ( 8 ) タグの人気記事

華麗なるスパイ

長瀬智也主演の連ドラ。
全10話を見た。

かなり、つまんなかったな~。
結局…最後まで見ちゃったけど。
実をゆーと、すでに初回を見て、「ダメだこりゃ」と思った。

ハッキリ言って、深キョンはホントに男なのか!?だけが知りたくて最後まで見た、と言っても過言ではない。
やりたいコトは、わかんなくはねーけど…
全体的に、ヌル過ぎなのだ。
コメディなんだから、もっともっと過激でい~のによ~。

だいたい…
ミスター匠の秘密基地は、あんなヘンな島じゃダメだろ~?
せっかく、細長~くて、狭~い部屋を見せてんだから…
アレは、総理官邸の壁の中ってオチじゃなきゃ、絶対ダメだ!!
と~ぜん、ドロシー(深キョン)は男で、実は、京介(長瀬智也)と実の兄弟じゃなきゃ、ダメだ。
ミッションも、単に「テロを防ぐ」とかゆ~んじゃなくて…
「総理に化ける」とか、
「TOKIOの長瀬智也に化ける」とか…
もーちょっと、ヒネって欲しかった。
テロにしても…
あんな爆弾じゃなくて、
ミスター匠が、総理(渡哲也)自身をリモコンで操作して、
総理がピストル自殺しよーとするのを、京介が弾丸を手で止める、とか。
「ふぅ~っ、危ないところだったぜー!」とか言いながら。
最後も、ヘンに人情っぽい話でシメね~で…
母親はメチャクチャ意外な人物で…
たとえば、アメリカ大統領とか、マドンナとか、
松田聖子とか、天海祐希とか、安室奈美恵とか…
(よーするに、単なる1発ギャグだから、「えええ~~~っ!?」と思わせる人選なら、誰だってイイのだ)
志田未来だって、構わねぇ~。
つーか、深キョンだってイイ。
ソフトバンクのお父さんだってイイし、
何なら、寺島進だって、柄本明だって、イイぜー。
んで…
逆に「私の方こそ、許してやるよ!」ってセリフでシメるべきだった。

長瀬智也の百面相(コメディアンっぷり)と、
深キョンのコスプレだけが見どころだった。
あと…
冒頭の、ビロロ~ン…って曲は、ワリと好きだったんだけどなー。
[PR]
by inugami_kyousuke | 2009-09-27 09:15 | テレビ

未来講師めぐる

8~10回(最終回)を見た。
概ね、面白かった!
後半は、ず~っと同じ「手錠ネタ」をフックにしてたのが気になった。
永作(橋本じゅん)親子の話は、ちょっと陰惨で楽しくなかった。
後半、フナコシ含有率がガクン!と下がっちまったのもガッカリだった。
クドカンの、いつものパターンだけど…
後半は、「パターン崩し」に終始していた。
コレは、教科書通りだ。
塾長(武田真治)…ついに『ヅラ刑事』になってるし!
ひょっとして…最初から、コレがやりたくて、ずっとヅラネタを出してたのか~?
ちなみに、この作品…俺のアタマん中では、こんなキャスティングだった。
塾長=及川光博、
ユーキくん=生田斗真、
エロビデオ=大倉孝二…
それにしても、このドラマ…
フカキョン(深田恭子)は、ほぼ全編、食べまくり!だったよな~!!
『未来ナースめぐる』っスか!?
『未来ニンジャめぐる』でも、『未来シスターめぐる』でも…何でもイイから、やってくれ~!
うっせぇ、バ~カ!
[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-03-23 00:38 | テレビ

未来講師めぐる

6、7回を見た。
・「大親切アカデミー(仮)」→「大本気アカデミー」→「大先輩アカデミー」→「太先輩アカデミー」→「太陽光アカデミー」→「太田光アカデミー」→「お前達アカデミナール」→「マサルのおいしいアカデミー」に!
・「江口ヒデオ」→「エロビデオ」→「裏ビデオ」→「AV」→「AV男優」に!
・黒板消しがカステラ→チョークがかりんとう→腕時計がベーグル→黒板消しがバッテラ(コレは、教室に行く前に阻止された)→辞書がチョコ→黒板消しがカマボコ(しかも食いかけ!)に!
みちる(黒川智花)の毒舌キャラ、サイコ~!
でも、「地獄さ堕ちろっ!」っつーのは、妻がマネして困るんスけど~?
「あんたマンガ読んでただけだべ!?」「イライラすんだよ、ハ~ナ声がぁ~!!」「カツラァ~…はいじゃうか!?」には爆笑した。
死んじゃえよ!?
フィクション!
[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-03-22 23:42 | テレビ

未来講師めぐる

4、5回を見た。
・「大親切アカデミー(仮)」→「大本気アカデミー」→「大先輩アカデミー」→「太先輩アカデミー」→「太陽光アカデミー」→「太田光アカデミー」→「前達アカデミナール」に!
「おおたひかり」って、誰だよ!?
「アカデミナール」って、何だよ!?
「大」のハズが…すでに「太」ですらなく、「お」になっちゃてるし~!
やっと、看板が赤になった。
俺の予想では、塾長が自発的にどんどん変えて行くんじゃなくて…
いたずら書きとか、鳥のフンとか、不可抗力的に変わって行き、
見た目は、板を釘で打ちつけて足したり、ネオンになったり、床屋さんのグルグル回るヤツになっちゃったり…
するハズだったんだけどなー。
・「江口ヒデオ」→「エロビデオ」→「裏ビデオ」→「AV」→「AV男優」に!
・黒板消しがカステラ→チョークがかりんとう→腕時計がベーグル→黒板消しがバッテラ(コレは、教室に行く前に阻止された)→辞書がチョコに!(コレも、生徒に見つかって、みんなにあげて、食べられなかった)
・ついに、めぐる母(榊原郁恵)が登場!
・塾長(武田真治)のヅラネタがなくなって、かわりにユーキ(勝地涼)とのジャレ合いになっちまった…ザンネン!
いや~、モンスター(ジャガー横田)スゴ過ぎ!
どんどん、怪獣化してるし~!!
5回は、めぐる父(船越英一郎)が全く出なくて、ガッカリした。
知らない内に、もう、一通り、全てのネタを見ないと納得出来なくなっちまったよーだ。
ヘ~イヘイヘイヘイ、ヘ…!
フィクション!
[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-03-22 23:42 | テレビ

未来講師めぐる

3回を見た。
めんどくせぇ~から、箇条書きにする。
・「大親切アカデミー(仮)」→「大本気アカデミー」→「大先輩アカデミー」→「太先輩アカデミー」→「太陽光アカデミー」に!
(言い間違いで、「太陽光エネルギー」)
・「江口ヒデオ」→「エロビデオ」→「裏ビデオ」→「AV」に!
・黒板消しがカステラ→チョークがかりんとう→腕時計がベーグルに!しかも両腕!!
・めぐる父(船越英一郎)の20年後はナゾのまま。
・めぐる母の行方もナゾのまま。
・めぐる自身の20年後もナゾのまま。
・塾長(武田真治)のカツラは…地球儀の上→今回は、ドアにはさまってた!
・ついにおじーちゃん(地井武男)の「ちい徘徊」…じゃねー「ちい散歩」ネタにもオチが!
迷子になって、ゴルフコースみてーなトコに迷い込んじゃって、『ブレアウィッチ・プロジェクト』みてーだった。
・「未来は変えられる」コトがわかった。
私、バリバリしずかちゃんですけど!?
フィクション!
[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-01-26 22:56 | テレビ

未来講師めぐる

2回を見た。
相変わらず、めぐる父(船越英一郎)のみ、テンション高いな~!
「特別出演」となってるワリには、メチャメチャ出番多いし!
出るたんびに七変化してるしィ~!!
佐藤二朗は、ホンのちょっとしか出ないけど、毎回出るみたいなんで、気になるかも。
塾長(武田真治)のヅラネタも、恒例になりそーだ。
毎朝、色んなトコでヅラが発見され→突然、ヅラがなくなり→塾長が颯爽と出勤…とゆーお約束に。
でも…
ハッキリ言って、このノリだったら、塾長は、ミッチー(及川光博)でも良かったかも?
エロビデオ先生(星野源)は、もはや「先生」すら抜きで、「エロビデオ」と呼ばれ…揚げ句の果てに、「裏ビデオ」になってるし。
「大本気アカデミー」は、「大先輩アカデミー」→「太先輩アカデミー」に!
(「大Z会」はボツだったらしい)
今後は大じゃなく、太シリーズに移行するってコトか?
「太巻きアカデミー」とか!?
「大」→「太」と来て、どんどん変わってゆくんだろーか?
「犬」とか、「天」とか、「夫」とか!?
今回は、チョークがかりんとうになっていた。
次回は、ナント!
腕時計がベーグルに!?
それにしても…
めぐる(深田恭子)の母って、一体、誰なんだ!?
番組の終わりにも、「フィクション!」なんて入ってたりして、芸が細けぇ~なー。
…うまッ!?
フィクション!
[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-01-20 04:53 | テレビ

未来講師めぐる

クドカン(宮藤官久郎)脚本、深田恭子主演作品。
初回を見た。
まぁ…
つまんなくはなかったけど、期待してたよりは面白くなかった。
深キョンに、独り芝居させるか…!
意外にテンションが低いのが良くねーのかも?
めぐるの父=はまる(船越英一郎)のみ、ハジケてたよーな気がする。
「落ちぶれた~!!」もしっかり入ってて、アゲアゲサゲサゲの壮絶人生を、メチャメチャ楽しいそーに演じてたなぁ~。
もーちょっと、がっちりワキを固めてれば…とも思う。
やっぱ、クドカン作品は、あの独特のハイテンションを作り出すために、ペースメーカー役の俳優が、最低1人は必要なのかも知れねー。
「満腹になると、他人の20年後の姿が見える」とゆー超能力…てか、異能?の話。
今までにも、「主婦に千円札の夏目漱石が乗り移る話」とか、
「バカがアタマを使うと、アタマのいい人と身体が入れ替わっちゃう話」とか、やって来てるから、そーゆう奇想系の話だ。
「未来は変えられない」とゆー設定しにしてしまったので、広がりがねーかも?
このままだと、展開がなくて面白くねーので、おそらく、ココからどんどん崩してゆくのだろう。
「特殊なものを食べると、特殊な未来が見える」とか、
「特殊な食べ方をすると、未来を変えられる」とか、
「食い合わせで、とんでもないコトが起こる」とか…。
初回から、小ネタはいっぱい仕込んでそーだな~。
とりあえず、「チョークや黒板消しのかわりに、なぜか食べ物を持ってて、生徒に隠れて食べちゃう」ってのも、お約束っぽいし。
塾の名前は今回、「大親切アカデミー(仮)」→「大本気アカデミー(仮)」になって、看板を書き変えたけど…毎回、変わって、電光掲示板やネオンになってゆくんじゃね~か?と予想してるし。
「江口ヒデオ」→「エロビデオ」は面白かったけど、コレはもう展開はねーのかなぁ~?
ど~せなら、毎回、徹底的にイジられ倒した方が、面白ェ~んだけどな~。
「@20コつけたら、未来にメール出来る」っつーのは、面白いかも。
あと…自分の未来は見えねーんだろ~か?
早くっ!まぜなきゃ~~~!!
[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-01-14 00:55 | テレビ

生きる(TV版)

黒澤明の名作をリメイクしたTVドラマ。
前半の北村一輝との豪遊シーンでは「大丈夫なのか、こんなので~!?」と思っていたが…
中盤から、松本幸四郎の熱演で、かなり良くなった。
黒澤作品に深田恭子、ってキャスティングもスゴいよな~。
でも、あくまでもそれはTV番組として、とゆー意味で…
黒澤作品は名作だが、コレが名作か?と言われると…
やっぱ、大いに疑問だ。
黒澤作品のセリフ回しは、独特のテンポとクセがあるのだが、それを現代で焼き直すと「違和感ありまくり」っつーか、
まるで「現代」とゆー設定で無理矢理セリフそのままの古典落語か何かを見せられてるよーなカンジだ。
10年後には、完全に忘れてると思う。
[PR]
by inugami_kyousuke | 2007-09-10 22:56 | テレビ